--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.12.04

自宅シャンプー にんにく入浴

空を自宅で洗う時は 「にんにく入浴」 してます。
この「にんにく入浴」ご存知の方も多いと思うけれど、今回何枚か写真を撮ってみたのでUPしてみます。
この入浴方だと乾くのが、とっても早いんですよ^^
冬はドライヤーを使いますが、夏なら自然乾燥でもOK。見る見る乾いちゃいます。
仕上がりもふっわふわ♪良い事尽くめです^^
あっ。ニオイは全然残らないのでご安心を!

では、簡単にやり方を~(私のやり方ですが・・・・)

* 薄皮を剥いたにんにく一片をラップに包み、柔らかくなるまで鍋で茹でます。
入浴 001
・レンジでチンでも良いと思いますが、うっかりすると硬くなっちゃうので要注意。
・にんにくの量が多いと、仕上がりのフワッと感が減ってしまうように思います。
(一片が大きい場合は、茹でてから切り分ける方が良いようです)
・中国産等の安いにんにくよりも国産にんにくの方が、良いと思います。

* にんにくをラップから出して、お茶パックに入れます。
入浴 002
お茶パックがなかったら、ガーゼ、ストッキング等、目が細かくて破れなければ何でもOK。

* お風呂にお湯(夏37℃~冬39℃くらい)を溜め、その中で↑をモミモミ。
  にんにくのエキスを出します。
入浴 005
(この段階では少々にんにく臭がありますが、後で消えるので気にせずに♪)
↑こんな感じで、ほとんど溶けて繊維が少しだけ残る状態になったら準備終了。

入浴 003
気配を察して軽~く拒否ってるボロ雑巾空を捕まえ、ささっとブラッシング後・・・
入浴 006
ジャボっと浴槽へ。
入浴 008
浴槽のお湯を、まんべんなく掛け湯します。
(ここからは本来の「にんにく入浴法」とは異なります)
*全体を濡らしたら、浴槽から出してシャンプーで洗い、浴槽のお湯でキレイに流す。
*また浴槽に入れ掛け湯。
*浴槽から出して、コンディショナー。コレを流すのも浴槽のお湯で。
*また浴槽で掛け湯   ~~終了。

入浴 010
まずは、軽くタオルドライ・・・

タオルドライの時、びしょびしょのままで暴れちゃうワンコって、わりと多いと思いますが
そこで役立つのが、この↑洗濯カゴ。
浴室でブルブル~っとさせたら、バスタオルに包んで、タオルごとカゴに入れちゃいます。
すると暴れる代わりに、カゴの中でタオルに自らスリスリしてくれるので
勝手にある程度のタオルドライが完了♪
走り回ってあちこち濡らされる事も無く、カゴinスリスリしてる間に自分の足を拭いたり
次工程の準備もでききちゃいます^^

入浴 012
さて、お次は冬なのでドライヤーをかけます。

入浴 013 



乾きにくい手足の先などを丁寧に。
そうしてるうちに体は、どんどん乾いちゃいます。

ピンブラシで軽く梳かしながら乾かすと更に早いです。




ほぼ乾いたかな~と思ったら、スリッカーとコームで梳かしつつ乾き残りのチェック。
入浴 015
ドライヤースタンドがあれば、両手を使ってスリッカーで梳かしつつ乾かす方が良いと思うけれど・・・
家にはそんな便利な物はないのでこの段階でスリッカー登場ですが
ココまでピンブラシだけでも絡む事無く、根元までしっかり乾いてます^^

耳裏など乾きにくい所をもう1度チェックして
入浴 018
最後に冷風を ひと吹き 熱気を飛ばして

入浴 016

はい。終了~~♪ 
にんにくのニオイはまったくなくて、コンディショナーの良い香りだけが残ります^^
手触りもフワフワふかふかです◎

本来のにんにく入浴は、ワンコ皮膚の痒みを軽減する目的が主なので、シャンプーやコンディショナーは使わないのだけれど、それだと洗浄力がいまひとつなのと、「シャンプーしたぞっ♪」的な香りが楽しめないので私は使っちゃってますが、正しいやり方を知りたい方は《犬・にんにく入浴》で検索してみて下さいね。
汚れが酷くなければシャンプー無しでも大丈夫なので、私は汚れ具合でやり方を変えてます。

にんにく入浴をまだやった事がないという方、ぜひお試しあれ~~^^

《おまけ》
入浴 019
            「風呂上りの一服はサイコーだぜっ」

※勝手ながら、しばらくコメント閉じますので何かありましたら
                右欄メールフォームよりご連絡下さいませ~m(__)m
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。