--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.05.28

犬と猫との共生  ~目線~

とーっても久しぶりにこのタイトルを使ってみる。

先日、片目を失ったワンちゃんに会った。
話を聞いてみると犬と猫を飼っていての事故だという。
「どちらも気が強くて、自分が上だと主張し合った結果かしらねぇ・・・」と飼い主さんは仰っていた。元々猫を飼っていて仔犬を迎えたら、始めはお互いに近寄る事も無く平和に過ごしていたが、仔犬が物心つき始めた頃から猫に威嚇吠えするようになり、ある日怒った猫が犬の顔に歯と爪を立ててしまったという。

犬の躾け本などを見ていると「上下関係」という言葉がよく出でくる。
確かに犬同士の仲には上下関係が存在するのだと思うけれど、はたして人や他種動物に対して犬が上下関係を作っているのか?と、個人的に疑問に思っていた。だから空を迎えて3年、最初から上下関係にこだわった躾けはしてこなかった。
それにこだわるよりも、いけない事は「イケナイ」ときっちり叱り、褒める時は大袈裟に全身で褒める。
母のような気持ちで暖かく見守り、友達のように一緒にはしゃぐ事を大切にしてきた。
それは風に対しても同じで、空を迎えたからといって以前と何ら変わりなく接してきた。
あえて上下をつけさせるのではなく、なるべく差別なく平等に接する事を心掛けてきた。
ただ、犬と猫では確実に行動パターンが異なるので、それぞれが絶対に邪魔されずに安心して寛げる場所を確保する事だけはしていたけれど。
風・空のもともとの性格や相性ももあるのだろうが、何の問題もなく過ごしてきている。
飼い主的には、くっついて眠る図などを期待してしまうが、前述のようなお宅に比べたら、とても平和に過ごしてくれている風空に感謝したい。

20070528145751.jpg

確かにべったりの仲良しではないし、あっさりした風と空の関係は今後も変わらないのだろうけれど、風が本気で空を威嚇した事も無ければ、、空が風に逆らうような態度をとることもない。
動物にとっては一番大切であろう食事の時も、空がご飯を食べている時に風がお皿に顔を突っ込んでも空は怒らない。風のご飯を空が盗み食いしても、風も黙って見ている。
空が私の膝の上で甘えていれば、風は自分が甘えたくても、ちょこんと傍らに寄り添う。これも立場が逆でも同じ。その他にも、お互いが譲り合う行動がしばしば見受けられる。

20070528145743.jpg


でも、もしも風と空の間に上下関係があるとするならば・・・

確実に風が上 だろうと思う。

根拠はないけれど。なんとなく・・・キャラ的にも。
と言うか・・・ 実際キャラ以外の事では判断しかねるのだけど^^;
根拠として強いて言うなら・・・

空目線で見た風は、なんとなく 偉そう だし
20070528150641.jpg


風目線で見た空は、どことなく 従順 。
20070528150658.jpg

こんなふうに見えていたら・・・おのずと立場をわきまえざるをえないだろう・・・^^;

☆今日も見てくれてありがとう♪ポチッとしてくれたら嬉しいです♪→banner_02.gif


スポンサーサイト

2006.06.07

犬と猫との共生 Ⅲ ~空を迎えて~

このタイトル3回目は、空が我家にやってきてからの事。 (Ⅰ・Ⅱは こちら )
だけど、この頃の事は書きたい事が沢山ありすぎて、上手くまとまった文章になする自信が無い。。。(って、もともと文章力無いし)  読みにくい所も多々あるかとは思いますが、どうぞお許しを。
空は生後45日程度で我家にやって来た。  20060606224913.jpg
本当なら仔犬は、生後60日過ぎ位で引き取る方が、その後の犬との関わりや躾の面などで理想的なのだが、ちょっとした理由(単なるこちら側のワガママ)から少々早いが引き取らせて頂いた。
いよいよ願望叶って犬と暮らす日がやってきた。
過去実家で犬と暮らしていた事はあるが、完全に全ての面倒をみるのは空が初めてだし、猫と一緒に室内で暮らしていくのも当然初めて。
犬育てについて、色々な躾け本を読みあさり、ネットでも色々調べた。 かなり気合充分(笑
けど・・・犬と猫が上手く暮らしていく方法を簡潔にまとめた記事なんて、何処にも載ってない。(当たり前か・・)  犬猫飼いの方のホームページを覗いたりしながら、私なりに色々思いをめぐらせていた。
そんな気合充分の私をよそに、風空は何の問題も無く打ち解け・・・と、いうよりお互いマイペースで、 「あれ?何か居るな~」 程度の興味の持ち方だったように思う。

          《 キャットタワーの下で遊ぶ空を見守る(?)風 》          
         20060606224726.jpg

空の躾け面も、これまた『へっ?』と思う程、私の気合は空振りだった。
トイレもわりとすぐに覚えたし、夜鳴きもたいしてしなかったし。(私自信、こういった初歩的躾け面ではあまり神経質では無かったのかも)
ただ、明け方4:00~5:00頃になるとキュンキュン鳴くのは結構続いた。
けど、考えてみればたった生後45日位で親兄弟から離され、知らない人と『にゃ~』と鳴く見た事もない動物の居る知らない場所に突如連れて来られたのだから、そりゃ寝起きに不安が襲っても不思議は無い。
躾け本等では 『そんな時には無視せよ』 と書かれているが、こんなにちっこい生き物がこんなに不安がっているのに、無視なんぞできるはずもなく・・・その時間帯は空のサークルの脇に布団を持って行って寝ながら、サークル越しに手を入れ撫でてあげると鳴き止みまたスヤスヤと寝ていた。
そんな朝鳴きも、いつの頃か止んでいた。
                 20060606222506.jpg

空も少し成長してきて、いざ「スワレ」「マテ」「ハウス(クレートに入る)」等の基本的な躾けを始めた時、ちょぴっと問題が発生。
風が躾けの邪魔をするのだ。 (わざとじゃないとは思うんだけどね・・・)
スワレやフセやマテを教えられている空の背後に、そろ~と忍び寄り後ろからツンツン突いてみたり、フンフン匂いを嗅いだり。
(それじゃあ、落ち着いて座ってられるわけ無いじゃん。)
ハウスの躾をしようとしてるのに、そのハウスの中に先に入ってしまったり。 
(風が入ったら、どう考えたって空の入る隙間は無いでしょうが^^;)
せっかくハウスに入った空を、入り口を塞いで閉じ込めてしまったり。
(ただ、前にでーんと座ってるだけなんだけどね・・・入り口塞がっちゃうのよね)

20060606222523.jpg

そんな逆境(?)にも耐えながら、空はスワレ・マテ・フセ等の初歩的なコマンドは、わりと早く覚えてくれた。   ただ・・・ 『ハウス』 だけは、よほどのトラウマが残ったのか、未だできた例がない。。。 
ので、私もほぼ諦めた感あり。
おかげで、クレートは完全に風のハウスとなった。(ラッキーでしたねっ。風さん)

こうして風空との生活は、日々忙しくも楽しく過ぎていくのだった(^^♪
ならば何故、前回の終わりで 『育犬ノイローゼ』 などという言葉を使ったかと言えば
仔犬時代の空には2つ私を悩ませる種があった。
それは、 フードを食べてくれない子犬 だった事と 皮膚病。
これは本当に本当~に悩んだ事で、空を語るには外せないのだが・・・(語らなくていいって? けど、語っちゃう(笑)
が、さすがにこれ以上長く書くのは気が引けるので、またの機会に書こうと思う(^_-)-☆

って、充分長すぎ~な程書いてしまった。
ここまで読んで下さった方、本当に本当に有り難うございました m(__)m
そして・・・お疲れ様でした(^^ゞ

★お疲れのところ大変申し訳ありませんが↓↓↓ポチッと応援ヨロシクです♪
                       banner_02.gif


2006.05.23

犬と猫との共生 Ⅱ ~空を迎えるまで~

またこのタイトルを使ってみた。
このタイトルシリーズ化決定~♪って誰も望んでない・・・ね。。

今回は空を迎えるまでの、ちょぴっとまじめな話し。

いつか犬とも一緒に暮らす」 これは風がうちの子になる前ずっと前・・・先代猫と暮らしている頃から私達夫婦は決めていた。
猫はとても可愛く愛しい生き物だが、子供の頃に犬とも暮らしていたダンナ君も私も犬と暮らす事も心の中でずっと望んでいた。
しかし、先代猫はとてもワガママで気が強く、他者の侵入を許せるタイプの猫ではなかったし、住宅事情的な問題もあった。
そんなワガママでキツイ子でも先代猫は、私達にとって何物にも変え難い大切な家族だった。
だから、「いつか・・遠いいつか・・・」と思っていた。
       20060513230023.jpg

    先代猫 ムー♂  ・・・この子の写真を見ると、いまだに胸がキュンとなる・・・
                           20060513230417.jpg


時は流れ先住猫が亡くなり、かなりのペットロス症状になっていた私達は、風と出逢い救われた。
風は私達に舞い降りた天使だった。
当時、本当にそう思える程に風を溺愛していた。 
20060513222005.jpg

我家の一人娘として、とてもとても甘やかされてきた。
蝶よ花よと崇められ(←これはちょっと大袈裟)それはそれは大事にされていた。
今でも充分親バカなのだが、当時はこの比ではない程に。

私が家の中の何処にいても、風は必ず足元に付いてまわり、一人ぼっちにされるのが大嫌い。
呼べばアイコンタクトをとりながら、必ず返事をする。
犬と暮らす前から、ちょっと犬っぽい猫だった。
20060513222124.jpg

風と暮らしながら、風を見つめながら思った。
「この子なら仔犬を受け入れられるかも・・」と。
明確な根拠は無かったが確実に言える事は、風は獣医さんにも言われるほどの 《マイペースな猫》 だったからかもしれない。
そのマイペースさは今も変わっていない・・。いろんな意味で。
20060513222025.jpg


とはいえ、仔犬を迎える事にやはり色々不安はあった。
そもそも、完全室内飼いの風は犬など見たことがない。
少しでも犬を知ってもらおうと、パソコンから流れる犬の声を何度も何度も聞かせたり、動く犬のおもちゃ (これ) を日に何度も動かしたり・・・。
近所の犬が鳴くとわざわざ窓を開けて声を聞かせたり、テレビに犬が映れば見せながら 「ワンちゃんかわいいねぇ♪」 と話しかけたり・・・。
そんな事を約3ヶ月程も続けていたと思う。
ばかばかしい・・・と思うかも知れないが、当時はかなり真剣にやっていた。

そんな事を日々続ける傍ら、迎えるべく仔犬を探していた。
室内飼いに適した犬である事、成長時の大きさが風と大差ない事、他の動物とも割と順応し易い事・・・個体差はあるにせよ、大まかな特徴としてこれだけは外せない条件だった。
かなり色々ネットや本で調べて結果トイプードルにしようと決めた。

そんな風の犬慣れ練習や、犬種選びの成果かどうかは定かではないが・・・色々と心配していた事がまったくアホらしくなる程に、風と仔犬の初対面は実にあっさりしたものだった。
まさに 「案ずるより生むが易し」。

出会い1日目の、風とコロコロいも虫のような空 20060513225925.jpg


こうして私達の夢見た2人+2匹家族の生活となった訳なのだが・・・
この後、私に育犬ノイローゼ(と、まではいかないケド)時代が来るとは・・その時は想像さえしていなかった・・・。

が、これ以上長く書くと読んで下さってる方に 「長っっ!」 とか 「飽きた」 と叱られそうなので、育犬ノイローゼ時代の事はまた今度(^_-)-☆ って、やっぱりシリーズ化 決定~(笑

★ココまで読んでくれた方、ありがとう!
 ↓↓↓こちらもポチッとありがとう♪
 banner_02.gif


2006.04.28

犬と猫との共生  ~空と風の関係~

と、何やら真面目そうなタイトルをつけてみた。
が、あえて真面目な話というわけでもなく、風と空の日常をちょっとだけレポート。

何かの会話で『犬と猫と暮らしてます』と言うと、ほとんどの方に 『え?2匹仲良いんですか?』 と聞かれる。
私は 『え~まぁ。うーん。悪くは無いですょ』 と、何とも歯切れの悪い答え方になってしまう。
私の中で 『仲が良い』 は、いつもくっつき戯れ、それこそ一緒にスヤスヤ眠る姿などを想像してしまうので、こんな答え方になってしまうのだけれど、実際のところ風と空は、

あっさりした関係の『仲良し』 

なのだと思う。

2匹がくっついて一緒に眠った事など、それこそ前述のたった1度きりなのだが、そこそこ近い場所でくつろいでいる姿は、割と良く見る。

20060424222458.jpg

うーん。何とも微妙な距離のとり方。
これでは、いまいち 『仲良し』 っぽく無いなぁ。。。


では、水飲みの時、どちらかが水を飲みに行くとなぜかもう1匹も付いて行く。
20060424222518.jpg
                          (お尻姿でゴメン)
順番待ちをして、代わる代わる1つのウォーターボールから水を飲む。
最初は2つのボールをそれぞれの場所に置いていたのだが、結局こちらでしか飲まないので1つは片付けた。


その他、おやつ (といっても、数粒のフードとか葉野菜少々) を食べる時。
バラッと置かれたおやつを仲良く食べる。
食べるのが早い空の方が、若干得をしている感はあるが・・・
だからといって風は、怒るわけでもなく、スネもしない。
途中そのスピード差に見かねた私が、空に 『風ちゃんが、まだ少ししか食べてないから、ちょっと待ってて』 と声を掛ければ、空は素直に中断して風が食べるのを待っている。
20060424222611.jpg
 
う~ん。微笑ましい姉弟愛。

でも、ちょっと困った事に↑の場面、バラッと置いた

キャットフードを空が食べ、ドッグフードを風が食べている。

しかも、しっかりきっちり選り分けながら・・・。
なんでやねんっ!と突っ込みたいところだが・・・せっかく仲良くしているので、とりあえず良しとしよう。

と、こんな感じで、日々過ごしている。

ねっ?一応 『仲良し』 でしょ?

まぁ、ちっちゃなバトル(?)は色々あるが、思いがけないタイミングで始まり瞬時に終わるので、それを激写するのはなかなか難しい。
いつか上手く撮れたらUPします。お楽しみに!


↓↓↓参加しています。ポチッと応援ありがとうございます♪
banner_02.gif



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。